メルカリで格安航空券は出品可能?

- メルカリで格安航空券は出品可能?

レインボーブリッジ

メルカリで格安航空券は出品可能?

メルカリとは、フリマアプリの一種で、個人間でやり取りをする事が出来るため、中間手数料が発生しません。
そのため売る方も買う方も、双方にとってメリットがあるサイトだと言えます。
ではメルカリでは、チケットの取り扱いはどのようになっているのでしょうか?
格安航空券をメルカリで手に入れる事は可能なのでしょうか?

メルカリで出品出来るチケット

メルカリで出品出来るチケットの種類は、イベントや映画の入場券や遊園地、美術館などの施設利用券などのチケットは出品する事が可能です。

では乗車券や交通券はどのような扱いになっているのでしょうか?
航空券や鉄道乗車券、バスのチケットなども出品可能となっています。

ただし注意点としては、種類としては出品可能なチケットに属しても、以下のケースは出品出来ない可能性があります。
それは最近増えてきている記名式チケットです。

記名式チケットとは、購入した人の名前が記載されているチケットの事です。
そしてそのチケットを販売している会社が転売を禁止している場合、メルカリで購入してもそのチケットが利用出来ない可能性があります。

あとチケットは、紙のチケットだけでなく、デジタルチケットも増えてきているので、必ず事前に確認をしておきましょう。

メルカリで航空チケットは出品可能?

では次は国内線の航空チケットに限定して紹介していきます。
通常航空チケットは、予約時に搭乗者の名前で購入するものです。
そのためメルカリで転売された他人名義の航空チケットで搭乗する事は出来ません。

マイレージポイントで発券された「特典航空券」に関してはどのような扱いになるのでしょうか?
特典航空券に関して言えば、ポイントを貯めた当事者じゃなくても利用する事は可能です。
しかし譲渡出来る人は限定されていて、当事者を除けば、当事者の配偶者、および2親等以内の家族となっています。

つまりメルカリで他人に売るのは禁止事項となっています。
唯一メルカリで取扱い可能な航空チケットは、株主優待権のチケットのみです。
ただ有効期限があったり、利用できる席数に制限があったりするため、通常の航空チケットとは違うという事を理解した上で購入して下さい。

そしてメルカリで国内線の格安航空券と謳って出品されているモノには怪しげな商品が多いので、あまり利用はオススメ出来ません。
キチンと航空チケットの取扱いが認められている航空会社か旅行代理店のサイトから正規の手続きで購入した方が安心です。