格安航空券は最安値ではなくコスパ重視で選ぶ

- 格安航空券は最安値ではなくコスパ重視で選ぶ

レインボーブリッジ

格安航空券は最安値ではなくコスパ重視で選ぶ

国内線の航空券を購入する際に、最安値で1円でも安くお得に購入したい。
そんなふうに考える人もいるかもしれません。
確かに大手航空会社で正規の価格で購入するのと、LCCのセール価格で購入するのとでは、目的にによっては数万円の差がつく事もあります。ですが、格安航空券はあまりに価格重視にならずに、コスパ重視で選ぶ事をオススメします。

価値のあるお金の使い方について

例えば冬に北海道に旅行する時や。台風シーズンに沖縄に旅行をする時にあなたは何か対策をとっていますか?
天候は運次第、自分の旅行日程は大丈夫なはずという根拠のない思い込みで、何も対策をしていない人がほとんどです。
もちろん何事もなく飛行機が運航すれば何も問題はありません。

ですが雪や暴風雨が原因で、欠航になってしまう可能性もゼロではありません。
そんな時に大手航空会社であれば、国内線の欠航に対して丁寧な対応を行ってくれます。
でも価格重視で選んだLCCの場合は、欠航になっても全て自己責任となってしまいます。

飛行機が飛ばずにもう1泊しなければいけない。
そんな状況になった時、空港近くの安いホテルはすぐに予約で埋まってしまい、高いホテルにしか泊まれない状況に陥ってしまいます。

せっかく安く旅費を抑えるつもりだったのに、欠航が原因で予定外の出費を強いられてしまう。
そんな時に、被害を最小限度でおさえる方法を紹介します。
それは航空機欠航保険を掛けておく事です。

航空機欠航保険を掛けておくと、領収書さえあれば最大で2万円まで欠航が原因で支払った交通費や宿泊費、食事代を保証してくれます。
しかもこの航空機欠航保険の保険料は、片道180円の負担でOKです。
つまり、格安航空券を購入し航空機欠航保険に加入しておけば、欠航した場合でも被害は最小限におさえられます。

焼き鳥の屋台

価格重視ではなくコスパ重視

他にも航空券を購入する際に、最安値だけで選んでしまうと、お得だけど不便に陥ってしまう事が多々あります。
例えば最安値の空港は、自宅から遠いアクセスの悪い場所にある空港かもしれません。
また時間が早朝や深夜帯で目的地に到着しても、身動きが取れない状態になってしまうかもしれません。

時間を無駄に費やしてしまうなら、多少金額がアップしても時間を無駄にしない方がお得です。
利便性や効率性も考慮した上で、安くてお得ではなければ意味がないという事を理解し、最安値が1番価値がある訳ではなく、自分の目的に合わせたコスパのいい航空券を選びましょう。