格安航空券をゲットための情報を効率よく集めよう!情報はこんなところにありました!

- 情報を制するものが格安航空券を制する

レインボーブリッジ

情報を制するものが格安航空券を制する

「情報を制するものが格安航空券を制する」そういうと大げさに聞こえるかもしれません。
しかしながら、これだけ情報化社会になってくると、お得な情報を収集する事が出来ない人は、情報弱者として損をする世の中になってしまい、それは航空券1つとっても例外ではありません。
では国内線の格安航空券を手に入れるために、必要な情報収集の仕方について紹介します。

情報は効率重視で集める事が重要

砂時計

まず最初に言える事は、情報とは自分で時間をかけて集めればいい情報を入手出来る訳ではないという事です。
例えば航空券を販売しているのは、航空会社と旅行代理店のみです。
だから航空会社のサイトと旅行代理店のサイトをチェックすれば、必要な情報は確かに集める事が可能です。

ですが航空会社がANAやJALといった大手2社しか存在しなかった時代ではありません。
スターフライヤー 国内線 予約といったLCCの新規参入が相次いだ事で、国内線だけでも航空会社は十数社以上存在しています。
それらの航空会社のサイトを1つ1つ、自分が乗りたい路線と日時で検索し料金を調べていたら時間がかかって仕方がありません。

さらに言えば、旅行代理店のサイトなんて数えきれないほど存在しています。
それらのサイトを1つ1つ検索し、お得な情報を集めていたら、どれだけ時間がかかってもチェックが終わらないと言えます。
そして時間がかかるという事は、情報の鮮度がそれだけ落ちてしまい、せっかく調べた情報が使えなくなる可能性が高いのです。

どういう事かというと、例えばある航空会社で調べた時には空席の状態だったとしましょう。
ですが他の航空会社や旅行代理店の価格も確認して比較した上で選びたいと思い、その時は予約をしませんでした。
そして2日後に、他よりもその航空会社の価格が安かったから、そこにしようと思い再びサイトに訪れても、まだ空席が残っている保証はどこにもありません。

むしろお得な情報ほど、空席がなくなる可能性が高く、お得な情報を見つけたら即決して予約をするべきだと言えます。
だからこそ、効率重視で情報収集をするのであれば、格安航空券比較サイトを利用するべきだと言えます。
このサイトなら、航空会社と旅行代理店の情報をほとんど網羅していて、その中から最安値の情報を1度の検索で導きだす事が可能です。

比較サイトの最安値よりもお得な情報

それなら最安値で航空券を購入したいのであれば、比較サイトを利用すれば確実だ。
そう思っている人もいるかもしれません。
ですが比較サイトの情報だけが全てだとは言えません。

なぜかというと比較サイトに情報を載せるためには、利用料を支払う必要があります。
バーゲンセールにより激安になっている航空券に関しては、利用料を支払うと利益が出なくなってしまいます。
また激安な価格設定であれば、比較サイトに載せなくても、すぐに売り切れてしまう現状なので、比較サイトには載りません。

計算表と鉛筆

つまり本当にお得な情報は、比較サイトにすら載らない情報なのだと言えます。
そしてそれらの本当にお得な情報は、すぐに売り切れてしまうので、いかに人よりも早く情報をゲットする事が出来るかどうかが、購入出来るかどうかの鍵になると言えます。

では人よりも早く情報をゲットするためにはどうすればいいのかというと、いくつか方法があります。
まずバーゲンセール情報をまとめサイトで更新速度の速いサイトをチェックしておく事です。

その他、各航空会社のサイトにメルアド会員登録しておくと、バーゲンセールの情報がまとめサイトに更新される前日に情報をゲットする事が可能になります。航空会社のTwitterのフォロアーになるのも情報収集の一環だと言えます。

つまり情報源は1つに絞り込まずに、複数の情報源を確保しておくと、いち早くお得な情報を得る事が出来、最安値で購入出来る可能性が高くなると言えます。